30代サラリーマンの徒然なるブログ

30代の子持ちサラリーマンのブログです

劣等感を感じる必要はない!周りがどんどん活躍して自分のキャリアが心配になったら読んでください

どうして自分は仕事でこんなにダメなんだろうと劣等感を感じた時は、その気持ちを整理することが大切です。戦略コンサルタントのShinさんが、自身の経験をもとに劣等感への対処法をお伝えします。
本日のテーマは「20代で感じやすい仕事の劣等感への対処法」です。
20代はとにかく不安定な時期です。「この仕事をこのまま続けていっていいのか」「周りがどんどん上に行っているのに、自分は未だに雑用ばかりだ」、そんな思いにとらわれて焦っている人も少なくないのではないでしょうか。

画一的なキャリアはすでに崩壊した

かつては、生き方はある程度平準化されていました。いい大学を出て、いい会社に入って、横並びで30後半まで昇進していき、そこから本当の勝負が始まっていく、そのような時代があったのです。
しかし現在では、そのような画一的なキャリアはほぼ崩壊しているといえます。
大学時代から起業して数千万円、数億円と稼ぐ人も珍しくはないですし、会社に入って20代で役員となる人もいます。
さらに、様々な人が情報発信をするようになり、そのような成功例がいやでも目に入るようになってきているのです。
一生懸命仕事をしているほど、そのようなキラキラが成功している人たちの姿を目にすることで、「自分は何でこんなところではいずり回っているのだろう」、そんな思いにとらわれてしまうのではないでしょうか。
そんなむなしい思いにとらわれてしまったときは、自分の気持ちを整理することが大切です。
では、どうやって気持ちの整理をすればよいのでしょうか。

①いまいる場所でトップを取る

ひとつ目は、「いまいる場所でトップを取れるように努力する」ということです。
「周りの人の成功例が目に入ってしまう = いまの自分のやるべきことに集中しきれていない」という場合が多いです。
いまいる会社は、過去のあなたが少なからず魅力を感じた場所であるはずです。そうであるならば、一旦そこで活躍できるにはどうすればいいか、自分には何が足りないのか、それを考えて少しずつ改善してみることです。
そうすると、他の人のことがあまり気にならなくなり、毎日の仕事がもっと楽しくなっていくと思います。
「せっかくこの会社に入ったのだから、どうせならトップをとってやろう」、こういう心構えで仕事に取り組んでみてもいいのではないでしょうか。

②より活躍できる場所を探す

ふたつ目は、「より活躍できる場所を探す」ということです。
もしかしたら、いまのあなたは昔のあなたと価値観がだいぶ変わっているかもしれません。だとすると、過去のあなたが選んだその会社は、必ずしもあなたにフィットしているわけではないかもしれません。
自分に全く合わない環境であるならば、いくら一生懸命に頑張っていても、成果がほとんど出ないということもあります。
もしあなたが他の人に劣等感を感じていたとしても、それはあなたの能力が低いわけではなく、単純にその環境があなたに合っていないだけなのかもしれません。
「どうしてもこの環境では結果が出せなそうだ」、そう思っているあなたは、楽しく働いている人の話を聞いたり、転職エージェントに相談したり、環境変えるための行動を始めてみてもいいかもしれません。
アクションを取るだけで、「自分は劣っているわけではなく、単純に合わない環境でもがいていただけだ」と考えられるようになり、気持ちの整理がつくかもしれません。

最適な環境を探し続ける

いずれにせよ、どのような環境が自分にとって最適なのか、それを探し続けることが大切です。
私は会社に入って数年間全く結果を出すことができず、本当に辛い思いをしました。しかしその後、良い上司との出会いやコツコツと続けてきた努力が実って、だんだんと結果が出せるようになってきました。
そうすることで仕事自体もどんどん楽しくなっていき、周りからの評価も高まっていきました。
つらい時期もありましたが、そこでも腐らず日々地道に努力を続けていたこと、また、どのような環境が自分にとって最適なのか探し続けることを諦めなかったこと、それらが楽しく働けている要因だったと考えています。
あなたも、いまは劣等感を感じているかもしれませんが、必ず楽しく活躍できる日々が来ます。その時を楽しみに仕事に邁進してくださいね。