30代サラリーマンの徒然なるブログ

30代の子持ちサラリーマンのブログです

使ったらパワハラ決定!悪印象を与える「4毒」とは?

 

相手のキャラを見きわめて 15秒で伝える! 最小の手間で、最高の結果を出す方法

相手のキャラを見きわめて 15秒で伝える! 最小の手間で、最高の結果を出す方法

 

 

人を動かすには「15秒で伝える」ことを心がける!
 
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊、『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!』。
 
研修などで教えているノウハウや、すぐに使えるワザをご紹介します!
営業職はもちろん、部下や上司とのコミュニケーションで悩んでいる人は必見です。
 

パワハラ上司にならないために 知っておきたい「毒のある言葉」

 

 
この連載もついに21回になりました。今年も引き続き、ビジネスで大事な伝え方のコツをご紹介していこうと思っています。よろしくお願いいたします。
 
さて、伝え方として、好印象を与える前に、まずは、絶対やってはいけない「毒のある言葉」というものがあります。
 
大きく分類すると下記の4つ。
コーチングの世界では、「4毒素」と呼ばれるもので
 
(1)否定 (2)侮辱 (3)防御 (4)逃避
 
です。
 
この言動は、相手に悪い印象を与えるどころか、チームや組織の雰囲気をも悪くしてしまいます。
 
ものごとがうまく進まなかったり、組織内で協力体制が作れない。もしくは、自分がリーダーやマネージャーだったとして、部下が付いてこない。これらの原因として、これからご紹介するような、相手の気持ちを下げてしまう毒のある言葉を知らず知らずの内に使ってしまっている可能性があります。
 
これは、誰しもが心当たりのあることではないかと思いますので、改めて自身が「毒のある言葉」を使っていないかチェックしましょう。
 
その(1)否定
「いや」「そうじゃなくて」「~って言うか」
 
自分は否定しているつもりは無くても、言葉の最初や言葉尻にこういう否定言葉を使うと、相手の心象は悪くなります。
 
昔、ある人が、相手が喋ったあとに自分が発言するときに、必ず、「っていうか、私はこう思うんですよね」と言う人がいました。
 
相手の意見に同意をした内容なのに、「っていうか」という言葉を付けるので、相手は否定された気分になります。
 

ついつい使っているかも!? 悪印象を与える受け答え

 

(2)侮辱
「だからダメなんだよ」「バカじゃないか」「何にもできないなぁ」
 
今の時代はパワハラにも繋がる言葉です。本人はそんなつもりは無く、軽く使っているつもりかもしれません。
 
しかし、これは相手の人格否定や全否定に繋がります。
 
相手を全否定する言葉は絶対に使ってはいけません。指摘をするときは相手の人格ではなく、行動や考え方を正すようにしましょう。
 
(3)防御
「私のせいじゃない」「そういう意味じゃない」「悪いのは私じゃない」
 
自分に責任を負わされないように守りの姿勢に入る言葉です。責任ある立場を任されそうになると、防御して受け入れない。相手の言葉を聴き入れないのも防御姿勢です。
 
(4)逃避
「もう時間が無いから」「それは他の人に聞いて」「それは私じゃない」
 
とにかく、その場から逃げて責任を逃れようとする姿勢が見えます。
誰かが話しかけても、「ごめん時間がないから」と都合が悪いことからは逃げます。
 
もちろん、タイプ別でその傾向も変わります。
ガツガツタイプ(いわゆる積極的なタイプ)は(1)(2)が出やすい傾向があり、やわらかタイプ(貢献欲求が強いサポートタイプ)は(3)(4)が出やすい傾向があります。
 
誰もが、どれかに心当たりがあると思いますが、最強なのは否定からの侮辱や、防御からの逃避の組み合わせです。
 
ニュースや、SNSで炎上するようなコメントは、この事例に当てはまっているような気がしませんか?
 
あなたも受け答えをするときには、この4毒に気をつけてみてください。

 

相手のキャラを見きわめて 15秒で伝える! 最小の手間で、最高の結果を出す方法

相手のキャラを見きわめて 15秒で伝える! 最小の手間で、最高の結果を出す方法