30代サラリーマンの徒然なるブログ

30代の子持ちサラリーマンのブログです

すぐにでも仕事を辞めたい!だけどスキルも職歴も自信がない人は必見!スキルがなくても稼げる仕事はこれ!

「もう今の仕事は辞めてやる!」と思いつつ、「大したキャリアじゃないし、次の仕事見つかるかな」と不安に思い転職に踏み切れない人は結構多いですよね。

ただ冷静に転職市場を見ると売り手市場なんです。それこそ未経験でもバンバン採用する企業は確実に増えています。

そこで今回は過去の業界や経験を一切問わず、30~40代でも「稼ぎ直し」しやすい仕事を紹介します。

歩合制の営業は学歴も経験も関係なし!

まず鉄板は営業ですね。一口に営業と言っても色んな営業がありますが、いわゆる新規開拓の"ゴリゴリ営業"は、学歴関係なく成功を手にすることができます。

わかりやすい例が保険の営業です。知人・友人が多い人なら1年で年収1000万ということも珍しくありません。

また、ウォーターサーバーUSEN・ケーブルテレビの加入促進の個宅訪問系も、歩合制がほとんどなので学歴や経験は一切関係ありません。

他にも電気屋のキャンペーン系、リゾートホテル会員権の販売員、太陽光発電のショッピングモールでのイベント販売、クレジットカードの勧誘なども稼げますね。

ノルマや精神的なプレッシャーを受けやすい反面、インセンティブ報酬を得やすいこうした仕事は、新しいキャリアを考える上で有力な選択肢のひとつとして考えられます。

インバウンドの問い合わせ対応ではなく、保険や電話回線の勧誘など、こちらから営業コールをかけるタイプのコールセンターは歩合がついて稼ぎやすい。

人材不足のエンジニアも狙い目

次に、営業系・販売系よりは精神的なプレッシャーやストレスに晒されず、人脈や営業力がなくても稼ぎやすい仕事がITエンジニア。

『実務未経験者歓迎!』というふうに、プログラミングなどをちょっとかじっておくだけで応募できる求人は意外とあります。

まずはハローワーク職業訓練やWEB上のeラーニングといったサービスで基礎を学びましょう。卒業証書や学んだ内容を提示するだけで、採用に至ることも十分期待できます。

しかも、エンジニアの仕事は業務委託などで副業をしながら年収アップさせていくことが可能なのも魅力。

最新の業界のシーンを知っているかが重要になるという意味では、過去の職歴などで余計なハンデを背負わずにすむ職種と言えそうだ。

需要が高まっている警備員業界

続いて、最低限生活していくだけ稼げればいいと考える人でも、正社員として安定的に働き続けられるような仕事でおすすめなのは警備員。

2020年東京オリンピックなどに向けて需要の高まっているのが大きいです。

正社員としての福利厚生や労働環境が整っているところも多いことに加え、特別なスキルも必要ありません。

さらに人員がすぐ辞めていきやすい業界なので、じっと我慢して警備の簡単な資格さえ取れば、管理職として人員管理業務にジョブチェンジすることも比較的しやすいです。

警備業務は警備業法によっていくつかの種類に分けられ、イベントなどでの雑踏警備など屋外の仕事はそれなりに体力を要するだろうが、施設警備などより身体的な負担が少ない警備業務もある。

また、社員の待遇やコンプライアンス意識がしっかりしている傾向が強い業界がもうひとつあります。

それはタクシー運転手。タクシー運転手は正社員待遇が良く、ミドル新人でも居心地のいい職場も多い。

地理試験は気休めなので道を覚えて、独特の勤務リズムに慣れるまでは大変でしょうが、客とのコミュニケーションは最低限で済み、長く続けていれば個人タクシーという道も。個人タクシー事業主は75歳まで現役で働くことが可能です。

営業、エンジニア、警備員、タクシー運転手と昔からある仕事ばかりですが、昔からあるということは、それだけ需要も多いというのとです。

嫌々仕事をするくらいなら、転職して余った時間でスキルアップ等を模索した方が良いかもしれませんね。