30代サラリーマンの徒然なるブログ

30代の子持ちサラリーマンのブログです

【2019年】新社会人におすすめ腕時計5選

CARTIER  サントス ドゥ カルティエ
20歳という年齢にとって、60万円という値段は少々現実的ではないかもしれない。ただ、この「サントス」と呼ばれる腕時計に関しては、今ある預金のすべてを使ってでも(なかったら誰かに頼み込んででも)買うべき価値のある腕時計である。サントス=デュモンのために1904年に製作した、世界初の男性用実用時計。成人した記念に「サントス」を手にした君は、その思い出と、この腕時計を愛する気持ちは、死ぬまで変わることがないだろう。

 

香川真司がアンバサダーを務めなど、サッカーやレーシングなどスポーツ分野とのパートナシップでも知られるブランド。この腕時計は、昨年、モデル誕生30周年を記念してリローンチ。ブレスは”F1のスーパースター”アイルトン・セナがかつて愛用して大ブームを巻きおこしたモデルを現代版として蘇らせた。32万円を払ってでも、手に入れるべき唯一無二の代物。

 

 

 

G-SHOCK GMW-B5000D-1
35周年を迎えたG-SHOCKの”奇跡の1本”。幾多の時計ジャーナリストを虜にする、まさに「時計のことをわかっている人が選ぶ時計」。6万円という値段は、20歳でも十分手に届く範囲内だが、現在も品切れ続出のため手に入れるためには、かなり入念に下調べをしなければならない。ブルートゥース経由スマホと連動することで利便性も向上で、若者にも最適な時計だ。

 

 

TUDOR ブラックベイ GMT
昨年、日本上陸を果たしたチューダは、時計業界の王様であるロレックスのファミリーブランド。価格は35万円ながら、良質な時計かつデザイン性も優れ、ファッション業界人にとって最注目の時計ブランドと言っても過言ではない。この時計を持っている20歳を見たお洒落な大人たちは、こう思うだろう。「コイツはわかっているな」と。
GRAND SEIKO SBGN001
「究極のクオーツ」を目指して開発されたキャリバー9F。そこに、針を止めずに調整できる24時針(GMT機能)を搭載したグランドセイコーの最新作。世界に向けて"メイド・イン・ジャパン"を誇りたい成人男性に、最適な腕時計である。黄色の針が印象的で、カッコいい。